MSJフラット35関連住宅ローン商品
MSJフラット35(保証型)
MSJフラット35/MSJフラット35【MAX】
MSJフラット35リノベ/MSJフラット35【MAX】(リノベ)
MSJフラット50/MSJフラット50【MAX】
MSJフラット35【ベストミックス】
MSJプロパーつなぎローン
MSJ家賃返済特約型フラット35/MSJ家賃返済特約型フラット35【MAX】
住みかえ支援ローン
フラット35金利引き下げ制度
MSJフラット35S
MSJフラット35地域連携型・地方移住支援型
変動・固定金利特約型住宅ローン商品
MSJ住宅ローン【十色(トイロ)】
MSJ【十色(トイロ)】つなぎローン
MSJ【リ・バース60】(ノンリコース型)
銀行代理ローン商品/提携ローン商品
ソニー銀行の住宅ローン
MSJ【ふるふるパッケージ】
事業者向け融資商品
MSJ買取再販ローン
その他商品
災害復興住宅融資
MSJ移住・住みかえ支援適合住宅制度
 MSJフラット35リノベ/MSJフラット35【MAX】リノベ
MSJフラット35リノベとは、中古住宅の購入に併せてリフォーム工事を行う場合、リフォーム工事費を含めた中古住宅の取得費用を融資対象とする制度です。(※1)
一定の要件を満たすリフォーム工事が行われる等、条件を満たした場合は、当該フラット35のお借入金利を一定期間引き下げられます。(※2)
※1 MSJフラット35リノベには次の2タイプがあります。
 1.リフォーム一体タイプ
中古住宅の購入と併せてリフォーム工事を行う場合に、リフォーム工事費を含めた中古住宅の取得費用をフラット35の融資対象とするもの。尚、リフォーム一体タイプは借入金利を一定期間引き下げる要件に合致しないときでも、フラット35の技術基準に適合する場合は、リフォーム工事費を含めた中古住宅の取得費用を融資対象とすることができますが、この場合は 借入金利の引き下げは適用されません。
 2.買取再販タイプ
住宅事業者により一定の要件を満たすリフォームが行われた中古住宅をご購入されるもの。
※2 金利引き下げの要件等については、後記要件の概要ならびに 住宅金融支援機構HPご案内チラシ でご確認ください。
● 特 徴
中古住宅購入費用と、リフォーム費用が1つのMSJフラット35でお借入れできます。
このローン一つで様々な資金使途ニーズにお応えします
※「中古住宅購入資金+リフォーム工事資金」に含めることができる諸費用はこちら
リフォームローンと比較して月々の返済額を抑えられます。
リフォームローンと比較して月々の返済額を抑えられます
中古住宅購入費用時には、MSJプロパーつなぎ融資をご利用頂けます。
中古住宅購入費用時には、MSJプロパーつなぎ融資をご利用頂けます
● 金利引下げ幅
フラット35リノベ金利引下げプラン
MSJフラット35リノベには予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は、受付を終了させていただきます。受付終了日は、終了する約3週間前までに住宅金融支援機構HPでお知らせします。
MSJフラット35リノベは、中古住宅の購入の際にご利用いただけます(住宅の建設、新築住宅の購入及び借換えの際には利用できません。)。
MSJフラット35リノベは、MSJフラット35Sとの併用はできません。

ページ上部へ戻る

● MSJフラット35リノベの金利メリット
フラット35リノベの金利メリット
※試算例は実際とは異なります。金利は毎月更新され、融資実行時の金利が適用されます。
フラット35リノベSの金利メリット
※フラット35リノベで算出した場合

ページ上部へ戻る

● 今月の金利
● MSJフラット35リノベ(金利A・Bプラン)が適用となる要件の概要
リフォーム工事費の要件 住宅の要件 中古住宅の維持保全に係る措置
金利Aプラン 300万円以上 ※表1 ※表3
金利Bプラン 200万円以上 ※表2
※表1 MSJフラット35リノベ(金利Aプラン)
リフォーム工事後に次のいずれかの基準に適合しており、選択した基準に関する工事が行われた住宅であること
 省エネルギー性    1)一次エネルギー消費量等級5の住宅
    (認定低炭素住宅及び性能向上計画認定住宅を含む)
 耐震性    2)耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)3の住宅
 バリアフリー性    3)高齢者等配慮対策等級4以上の住宅(共同建て住宅の専用部分は等級3でも可)
 耐久性・可変性    4)長期優良住宅
    (長く安心、快適に暮らせる優良な住宅として国が定めた基準を満たした認定を受けた住宅)
注:1)のうち一次エネルギー消費量等級5の住宅、2)および3)の技術基準は、住宅の品質確保の促進等に関する法律(平成11年法律第81号)
に基づく住宅性能表示制度の性能等級と同じです。住宅性能評価書を取得しなくても所定の物件検査に合格すれば、MSJフラット35リノベ
(金利Aプラン)をご利用いただけます。
注:リフォーム工事前にすでに住宅要件に適合している場合でもご利用いただけます。
※表2 MSJフラット35リノベ(金利Bプラン)
表に例示するリフォーム工事のいずれかが行われた住宅であること
 省エネルギー性    断熱材の追加工事
   断熱性の高い開口部への交換工事
   高効率空調機・高効率給湯器・太陽光発電設備等の設置工事 など
 耐震性    壁・筋かい等の設置工事 など
 バリアフリー性    手すりの設置工事
   通路または出入口の幅員拡幅工事
   バリアフリートイレまたは浴室への交換工事 など
 耐久性・可変性    床材の交換工事
   屋根・外壁の塗装・防水工事
   天井・内壁等の壁紙等の交換工事 など
注:工事は一例です。
※表3 中古住宅の維持保全に係る措置
中古住宅の維持保全に係る措置とは、次の【1】から【4】までのいずれかの措置をいいます。
この措置がとられていることを、適合証明検査機関による適合証明検査において確認します
(詳細は フラット35サイト(https://www.flat35.com)でご確認ください。)。
【1】インスペクションの実施    住宅の劣化状況、性能等について専門家による現況検査を実施することです。
   中古住宅の売買に際して建物の状態を把握することで、売買におけるトラブル発生のリスク軽減、
   ひいては売買の安心・安全にもつながります。
【2】瑕疵保険の付保等    既存住宅売買瑕疵保険またはリフォーム瑕疵保険を付保することです。これらの保険は、引渡しを
   受けた住宅の保険対象部分に瑕疵が見つかった場合に、その補修費用をまかなうことができる保険
   です(詳しくは、一般社団法人住宅瑕疵担保責任保険協会のHP(https://www.kashihoken.or.jp)
   をご覧ください。)。
   (注)融資対象住宅について、売主等が既存住宅売買瑕疵保険またはリフォーム瑕疵保険と同等の保証を
   行っている場合は、当該保証でも差し支えありません。
【3】住宅履歴情報の保存    リフォーム工事に関する写真及び図書(工事箇所を示す図面、詳細図面等)について、保存形式や
   保存場所を明確にした上で買主が保存することです。いつ、どのようなリフォーム工事を行ったかを
   記録として残しておくことで、将来、点検・リフォーム・売買等を行う際に、履歴情報が活用でき
   ます。
【4】維持保全計画の作成    リフォーム工事後の住宅について、住宅を長期にわたり良好な状態で使用するための措置等を定めた、
   計画期間が30年以上の維持保全計画を作成することです。
● MSJフラット35リノベの利用手続の流れ
お客様が中古住宅を購入して性能向上リフォームを行う場合( リフォーム一体タイプ)
※1リフォーム工事前の中古住宅について、フラット35の技術基準への適合状況等を適合証明検査機関が確認します。
(物件により、お客様ご自身のチェックにより、この事前確認を省略できる場合があります)
※2事前確認における物件検査を受けた場合に適合証明検査機関から発行されます。技術基準に不適合がある場合はリフォーム工事計画等の再検討など、
慎重に進める必要があり、ご利用をお受けできなくなる場合もあります。
※3リフォーム工事後の中古住宅について、フラット35及びフラット35リノベの技術基準に適合していることを、適合証明検査機関が確認します。
※4リフォーム一体タイプの資金実行はリフォーム工事完了後となります。中古住宅の代金決済の際に「つなぎ融資」が必要な場合は、
日本モーゲージサービス株式会社にご相談ください。
※ 物件検査申請先は、適合証明検査機関に限られますので、ご注意ください。
● ご融資基準
商品名 MSJフラット35リノベ/MSJフラット35【MAX】リノベ
資金使途 中古住宅の購入及び中古住宅の購入と併せて行うリフォーム工事に必要な資金
※リフォーム工事の内容、リフォーム工事費の金額や割合に制限はありません。
お借入額 100万円以上8,000万円以下で、「中古住宅購入価格とリフォーム工事費の合計額」以内
※「中古住宅購入価格とリフォーム工事費」に含めることができる諸費用はこちら
お借入金利
全期間固定金利
融資期間(20年以下又は21年以上)融資率(90%以下又は90%超)及び加入する団体信用生命保険の種類等に
応じて金利が異なります。
お借入金利は、お申込時ではなく、資金のお受取時の金利が適用されます。
お申込先 当社本・支店・貸金業代理店へ、お客様から直接お申込みいただきます。
※事業者様を介したお申込みはできません。
その他
通常のお申込書類のほか、専用の申込書類、リフォーム工事の金額が確認できる資料(工事請負契約書等)が
必要となります。
審査の結果によっては、ローン利用のご希望に添えない場合がございますので、予めご了承下さい。
※その他の条件は、MSJフラット35と同様です。

ページ上部へ戻る